寒いのは…

もともとやる気がないのだが、暑いと本当に何もしたくなくなるのであった。だからクーラーが大好きである。夏も好きだが、それは外がガンガン暑いのにクーラーで涼しいからなのだ。エアコンがない時代、私はどうやって過ごしていたのだろう。

まあ夏のことは夏に書くとして、今のような冬は、実はあまり好きではないのだった。寒いのが嫌いなのではない。外が寒いと、暖房しようとする人が必ず出てくる。出てこなくても、私が仕事をしているような部屋には大抵人間の数よりPCが多く、温風機の山といってもいい。いきおい、何もしなくても部屋の中はポカポカ陽気である。

私の場合、本当に寝そうになるのだ。今日も、隣に座った人に数回片腹をつつかれた。「どんどんやってくれ」と言ってしまった以上、文句は言えないのだが。それにしても、真ん前にこっちを向いて座っている上司(他の事業部の部長級だが、何となく上司になっている)に「お前は仕事をきちんとやる気があるのか」と怒られた。まあ、目の前でしょっちゅうウトウトされたら怒るよな。

そういう、いわば社会的・社内的な危機に加えて、ボケているのと知識不足のためポカミスを続けてやってしまって、周りの人に迷惑をかけているこの頃なのだった。これもみんな、部屋の暖かさが悪い! というほど腐ってはいないつもりなのだが、外から見たら腐老人に見えるだろうなあ。ああ悩む。

昨日も書いたが、悩んでも仕方がないことに悩んでも仕方がないので(改善の方法があるとは思えない)、このまま石になって何とかやり過ごしていくしかないのであるが、まあ限界を越えたら向こうから首にしてくるのでその点は気が楽だ。実は、悩めるくらい回復したとは言えるわけで、いや回復したことでさらに病状が悪化しかねないという、負のスパイラルな病気だなあ鬱は。

でも、私って多分鬱じゃないような気がする。仮性鬱とか、そういうのなんじゃないだろうか。だって、まあそれなりに反省はするものの、自分が悪いとか自分が何とかしないととかは全然思わないもんなあ。一刻も早く、地球に優しくない経済活動から逃げたいだけで。いや、消費行動は継続するけど。

というような混乱した状態でありながら、今日は朝6時に出発してずっと仕事していて、帰宅したら午前だったりして、それも自分が引き起こした(んじゃないとは思うが、私が担当しているシステムで発生していることは確か)ことだし、お世話になっている人もそろそろ限界らしくて、ああ悩む。

WordPress Themes