鬱の症状

ここ2年ほどは、身体や心の問題もあってなるべくイベントとかには出ないようにしいるのである(某例会は例外。もともとそれ自体が変だから、自分が多少変でも問題ない)。とか言いつつ海外ツアーや温泉などには行っているのだが、実はそういう行動とイベントの参加には大きな違いがある。つまり、前者は「人との積極的な接触」がないのである。温泉や海外の観光地だと、ただ通過したり観光したりするだけで済むのだ。 Read more »

寝てました

月曜日は、本当に苦しかった。真っ直ぐに歩けないくらいであった。パブロンを飲みまくったせいで意識が朦朧となり、咳は深く、朝から幽玄微妙な世界にいながら、それでも出勤したのであった。サラリーマンは悲しい。満員電車の中では、しばしば膝がカクッとなって崩れ落ちそうになり、やっと座れたと思ったら眠り込み、起きたら降りる駅に到着した瞬間であった。

このように、奇跡ともいうべき綱渡りで何とか1日の仕事をこなし、猛烈に腹が減ったので仕事場のそばの立ち食い屋で天丼を喰い、帰りも電車で座ったかと思ったらもう意識がなくなり、起きたら乗り継ぎ駅であり、自宅にたどり着いて一連の作業(ネットに日記をアップとか)をこなした後は風呂にも入らず、そのままベッドに直行したのである。

目が醒めたのは、やはり朝の5時頃であった。もうその時には決心がついていた。本日は休もう、と。昨日が無理だったのである。今日出勤すれば、明日がヤバいのは直観的に判った。というわけで、私はこのような時のために用意してある「本日は風邪で休みます」連絡用目覚ましをセットしてまた寝たのであった。

Read more »

WordPress Themes